ビジネスメールの基本的なマナー、4回シリーズの3回目です
宛名、あいさつ、名乗りのあとの本文にも気遣いをお忘れなく

<メール本文は見やすく!>
・要点をおさえて簡潔に
・短い段落にわけ、段落と段落の間を1行開けるなどの見やすくなる工夫を

<本文の最後には結びの言葉を>
・相手の気持ちを考慮した締めの言葉を最後に
(例)
「今後ともよろしくお願いいたします。」
「お忙しいところ大変恐縮ですが、なにとぞよろしくお願いいたします。」
仲間同士であっても
「よろしくお願いいたします。」
と添えてあると、気持ちが良いですね


ビジネスメールには企業ごとのローカルルールが存在します
「所属している組織のルールにあわせて」くださいね
そして、一番大切なのは、メールを受け取る人への『思いやり』です
ビジネスメールのマナー、次回は最終回です