人は「言葉」以外に色々なコミュニケーション手段をもっています。例えば「声の調子」や「態度」です。それは時には、「言葉」以上に情報を相手に伝えます。また、コミュニケーションは人間だけでなく、動物の基本的な行動の一つでもあります。養育行動や威嚇、異性へのアピール,闘争などです。孔雀の雄の羽根は雌を惹きつけるために美しく広げたり、蜜蜂はダンスを踊ることで、蜜のある場所や蜜の量を仲間に伝えたり、犬が互いに噛み合いながら決して相手を傷つけないのは母親からコミュニケーション行動として教えられているためです。
5年前に亡くなった柴犬、ゴンを時々思い出します。彼のしぐさ、様子から散歩に行きたいのか、お腹が空いているのかなど、次第に彼の気持ちを汲み取ることができました。また、彼は飼い主の序列がわかるのか、一番上が妻、二番目が娘、一番下が私だというのをよく理解していたなと思います。言葉でのコミュニケーションはできませんでしたが、非言語コミュニケーションで繋がっていたという気がします。