「will」と「can」は、自分のキャリアの志向性です。自分の中でこれらが明確にあるのであれば、その方向で突き進んでいけばいいと思います。特に、「will」と「can」が重なっている部分が自信をもっていい部分であると言えます。「must」は、やらなければならないこととして、会社や社会から期待や要請をされていることとなります。いくら、自分の中でやりたいことが明確にあって、しかもそれを実行に移せる能力と自信があったとしても、それらが社会から期待や要請をされていないということであれば、なかなか自分の能力を発揮できる機会がないということになります。重要なことは、「will」と「can」と「must」が重なっている部分を探すということです。三つの輪を紙に書いて、その中に自分の思っていることを書き込んでみてはいかがでしょうか。
1614216444.png